どのくらいの時間がかかるの?

部分的な修理であれば60分以内にお渡し可能!!

水没したiPhoneを修理するケースはお時間を2時間程度頂きます。また、車に轢かれた場合など、修理自体は可能でも破損の度合が大きい場合は、やはり通常よりも長いお時間を頂戴しています。
これら以外のケースではほとんどが1時間以内に修理可能です。
ご来店いただけるお日にち、お時間が決まっている場合、事前にお電話をいただければご予約が可能です。
完全予約制ではなく直接のご来店でも修理は可能なのですが、ご予約のお客さま優先での対応となります。ご予定が決まっているお客さまは、事前にお電話いただくことをおすすめします。
しかし、飛び込みのお客様でも必ず当日にお渡しさせていただいておりますのでご安心ください。

正規店での修理依頼の場合

iPhone修理の正規店には、アップルストアというアップルの直営店と、アップルサービスプロバイダという取次ぎのみを行う窓口の2種類が存在しています。前者はすぐに対応して貰えますが、全国に8店舗しかありません。
店舗が少ないために予約も混み合う傾向にあり、最短の受付でも数日後になってしまうということも多いようです。さらに、予約をしてから行っても更にそこから数十分待たされるということもあります。
サービスプロバイダでの修理受付も可能です。こちらは家電量販店などに入っていることが多いので気軽に訪れることが可能ですが、サービスプロバイダは取次ぎ窓口ですから、基本的には修理の技術を持ったスタッフは常駐していません。
そのため故障したiPhoneを一度アップル本社に送り、その間お客さまは代替品を受け取って待つということになります。修理完了までに時間がかかってしまうというわけですね。
当社では代替品をお渡しすることはなく、お客さまからiPhoneを受け取ったその店舗で修理を開始します。各種部品も店舗に揃えていますので、1~2時間での素早い修理が可能です。

10分、15分では十分な修理は行えません

所要時間10分、15分から修理可能とうたっているお店もなかにはあるのですが、実際に10分や15分でできる修理となるとバッテリーや電池の交換くらいしかありません。
それ以外の修理にはやはり1~2時間程度はかかります。
とにかく早ければ良いというものでもなく確実性が一番大切ですから、そういった意味でも極端な短時間でできることというのは限られてきます。
そう考えますと10分から修理可能というのは、少々お客さまの誤解を招きかねない表現だと言えるかも知れません。