バックアップを取っていなくても大丈夫?

部品交換での修理が可能なので、バックアップを取っていない方でも大丈夫です!

正規店で修理を申し込む際はデータのバックアップを取っていないと予約の段階で必ず注意をされます。
今すぐ修理をして欲しい状況でその場ですぐにバックアップを取ることは案外難しいことだと思います。事実当店へご来店されるお客様は特に何もバックアップを取らずに来店される方がほとんどです。
本体交換による最大のデメリットは、データが消失してしまう可能性がある点です。
iPhoneではユーザー自らがiCloudやiTunesで定期的にデータを保存する必要があるのですが、データ保存が不十分な状態で本体交換を行った場合には、データが空になってしまう恐れがあります。
また故障状況の診断・テストの過程でもデータやアプリを消去し、各種設定も初期状態に戻すという場合があります。その点はメーカー修理の弱みであるとも言えます。
しかし我々は、基本的に壊れた部分のみの交換修理で対応しますので、故障前と変わらない状態でのお渡しが可能です。
iPhoneのデータは、フラッシュメモリという記憶媒体に保存されています。
そのフラッシュメモリは、基盤というロジックボードの中に組み込まれているのですが、当社では修理の際に基盤部分に手を加えることは行っていません。これはデータが消えてしまう可能性のある部分には、一切触れないということです。
ですから、修理の際にデータを消されてしまうのではないかというご心配は無用でございます。

こまめなバックアップは日頃から

不測の事態に備えて、日頃からバックアップの習慣をつけておくことは大切だと思います。
ほとんどの故障は、データに触れることなく部品の交換だけで修理可能ですが、故障の原因がシステム上の不具合やiPhoneの心臓部にあたるロジックボードにあった場合、当社では対応することができません。
その場合はアップルストア、またはサービスプロバイダにお持ち込みいただき、本体ごと交換していただくということになりますので、データは消えてしまいます。
アップルの一部システムについては、脆弱性が懸念されている部分もあります。特に修理が必要ない状況でも、万が一の場合に備えてなるべくこまめにバックアップをお取りになることをおすすめします。