どんな修理ができるの?

画面割れ、液晶故障以外の修理もお任せください

画面割れ、画面に線が入る、タッチが効かない、バッテリー交換、水没などiPhoneの故障修理なら何でもご相談ください。
水没してしまったiPhoneの場合、その端末の水没復旧修理というものを行います。
料金につきましては店舗によりますが、例えば町田本店の場合ですと7,800円で行っています(2016年9月現在)。
基本的には復旧可能ですが、万が一復旧しなかった場合には料金は一切頂戴していません。その他にも自己修理を失敗したiPhoneも、修理可能です。
ただし、内部パーツやネジの紛失等があった場合には、別途部品代が発生します。

iPhoneの修理いろいろ

「お気に入りの画像が保存されている」「思い出の写真が入っている」「自分ベスト50の楽曲をまとめてある」「全てのアドレス情報をiPhoneで管理している」などなど、
今やただの電話機や携帯音楽プレーヤーではなく、すっかり生活の一部となったスマートフォン。中でも画像解像度の高さや、デザイン性の高さから多くの人が利用しているiPhone。
でも、街中で見かけた事ありませんか?
『ひび割れでバキバキの画面』『深い傷の入っている外観』etc
お客さまが快適にiPhoneを使用できるよう交換修理を行います。
たとえ故障・破損しても、最適な方法でiPhoneを修理して、快適に利用し続けましょう!

割れたフロントガラスをずっと使っている

ガラスが割れた状態で使っていると、破片が少しずつ飛び散ったり外れたりすることがあります。ガラスの破片が中に入ったり、隙間から水が入る可能性があますので内部に問題が出る可能性があります。
また、外側に破片が飛び散って怪我をしたりする可能性もあります。内部への悪影響としては、例えば液晶の部分が傷ついて、映像が乱れてしまうことなどが考えられます。
フロントガラスが割れたままで使い続けている方が多くいらっしゃいますが、ずっと使い続けているとこのように内部にまで支障がでてきてしまい、さらなる修理が必要になってしまいます。
画面が割れた場合は早めに修理に出した方が良いでしょう。

画面交換を自分で行うリスク

ネット上に流れているような動画を見てご自分で修理した結果、画面が反応しなくなってしまい、当店に持ち込まれる方は多くいらっしゃいます。
修理に使う部品もインターネットなどで売られているということもありますが、そういった部品にも品質の良し悪しがありますので、動画を見て自分でうまく修理できたとしても、部品が悪かったため故障したという場合も多く見受けられます。
特にiPhoneの部品は中国などで作られたコピー品や、互換品などと呼ばれるいわゆる純正品でないものが多くあります。
そういったものでも正常に動くものはあるのですが、中には粗悪品も売られていて、そういった粗悪品を使うことによって故障してまったり、正常に動かなくなったりします。安さに惹かれてネット通販で購入すると、粗悪品に当たってしまうケースが多々あるようです。
しっかりとお店で修理することによってそういったリスクを避けられると思います。

部品のお持ち込みについて

部品を持ち込まれるお客様もいらっしゃるのですが、お客様がネットなどで購入した部品は正常に動くかどうか分からないため、まず検証を行う必要があります。
検証にはかなりの時間を要するため、基本的にはお持ち込みの部品は使用せず、当社が用意した部品で悪いところの交換・修理をさせていただきます。
もちろん特別料金が追加されるといったことはございませんので、通常の修理料金となります。修理箇所の特定・診断はすべて無料で行いますので、安心して修理に出して頂けると思います。

iPhone修理の種類

画面

・画面の割れ
・液晶の映像の乱れ
色々な症状があるのですが、衝撃が加わると縦線が入ったり、横線が入ることもあります。映像がチラついたりすることもあります。そういった場合は、フロントパネルという液晶パネルを一式交換致します。

ボタン

・ホームボタンの不具合
・電源ボタン、ボリュームボタンの不具合
・マナーモード切替スイッチ
ボタン自体を変える修理と、陥没などの場合はボタンを押し上げるという方法の修理があります。陥没した場合には裏から押し上げるのですが、落とした衝撃などで部品自体が欠けてしまっている場合は交換となります。
マナーモードの切り替えスイッチは効かなくなると、サイレント/バイブレーター/音の切り替えが出来なくなります。これはスイッチの交換修理で直ります。

カメラ

・フロントカメラやリアカメラのレンズ割れ、ピント不具合
カメラレンズが割れた場合や、ピント調整機能が壊れてしまった場合の修理です。ピント調整機能が壊れてしまうと、ぼやけた写真しか撮れなくなります。使用しすぎで壊れることはあまりありませんので、落としたりぶつけたりしたことによる衝撃で壊れることが多いです。

動作

・画面のフリーズ
フリーズしてしまった場合は、まず強制終了をしていただき、電源を落としたあと再起動をしてみましょう。iPhoneの場合は画面がフリーズした場合にホームボタンと電源ボタンを同時に8秒間押すと強制終了できるシステムが内蔵されています。
それでも改善しない場合、当店にて原因を特定して修理させていただきます。

Apple非公認のアプリを使用しているiPhoneの修理について

Apple非公認の、いわゆる脱獄アプリというものがあります。最近は、中国人のハッカーなどが中心になって、非常に多くの脱獄アプリを出しているようです。Appleの許可を受けていない「非公式アプリの動作を可能にすること」を、脱獄(JailBreak)といいます。
通常、iPhoneなどのiOSデバイスにインストールできるアプリはAppleStoreにあるものだけです。しかし特定のツールを使用し、制限を開放(脱獄)して様々なアプリなどをインストールできるようにしたものが、iPhoneの脱獄といわれています。

脱獄したiPhoneの部品交換修理は、当店でも可能です。例えば、カメラの交換や、ガラス割れ交換です。脱獄の有無に関わらず、料金は変わりません。
ただ、もし脱獄しているものをお持ちになる場合は、スタッフに事前にその旨をお伝えください。
当店では、ショートしてしまう危険性があるため全ての修理で、電源を完全にオフにして作業を行います。しかし脱獄しているiPhoneは、通常の電源ボタンを入れても立ち上がらないことがあります。セーフモードという特殊な電源オンの仕方をしないと立ち上がらないという脱獄ソフトを入れていることがあるためです。
このような事があるため、しっかりと事前にお伝えいただく必要があるのです。

その他

・充電差込口(ドックコネクタ、ライト二ングコネクタ)の破損、接触不良
充電器を差し込んだり、パソコンやカーナビと接続したり、外部端末と接続する重要な部分です。充電の不具合なども交換修理で直ります。

・水没
水没すると中に水が入ってしまいますので、まずはそのまま修理店にお持ち込みいただくのが一番です。
逆に一番やっていけないことは、充電器を差し込むことです。どんどん電流が流れこんで壊れてしまいますし、危険です。動作確認など何もせずにお店にもっていくというのが一番良い対応です。下手に動作させようとすると、その部品が水につかっていた場合ショートしてしまいます。
水没の場合、正規店での修理は保障が効かず本体代金分の修理代がかかってしまうということもあります。当店では、成功報酬型になっておりまして、復旧しなければ料金はかかりません。復旧した場合は7,800円と消費税をいただいております。他社で直せないものを当社に持ち込んで頂いてみて復旧することもございますので、試しに持ち込んで頂いても損はないと思います。
また、復旧しても例えばカメラだけ壊れているような、一部分だけ壊れている場合はお客様とご相談させていただきます。その際、カメラは使わないから修理しなくていいというご選択も可能です。もちろん、カメラも修理する場合は追加で料金を頂いて対応させていただきます。

・イヤホンジャックの修理
iPhoneの左下には、イヤホンジャックと言うイヤホンをつなぐ差し込み口があります。イヤホンジャックが故障すると音が出ない、途切れる、雑音が入るなどの症状がでます。こちらも交換修理で直ります。

・バッテリー交換
バッテリー交換のみの作業時間は10分くらいで済むのですが、当社の場合はどんな修理や作業でも、終わった後に動作確認を致します。よって、一応時間は30分程度いただいております。例えば通信キャリアの電波をきちんと拾っているかや、センサーが問題なく作動しているかなどの確認です。お客様が安心してお使いになれるように、しっかり確認作業をしてからお渡ししていますのでご安心ください。

バッテリーの寿命は使い方によってもだいぶ変わってきますが、一年から二年くらいで寿命を迎えたり、劣化してしまうことが多いです。大切に使えば三年くらいはもちます。充電器を差し込みながらゲームや動画の視聴をすると、消費と充電を繰り返しているような状態になるので劣化が早いです。あとは、充電がまだたくさんある状態でこまめに充電することも劣化を早めます。なるべく使い切ってから充電することが長持ちさせるコツです。

・フレームの歪み
iPhoneは、落としたりするとフレームが歪むことがあります。中には車にひかれたようなiPhoneが持ち込まれることもあります。しかしフレームの部分にはIMEI番号といって製造番号があるので取り替えはできません。IMEI番号とは、「国際移動体装置識別番号(端末識別番号)」を意味する英語“International Mobile Equipment Identifier”の略で、携帯電話やデータ通信カードが1台ずつ持っている識別番号です。原則として、各端末は1台1台、異なる番号になっています。この識別番号は、15桁の数字からなっていて、装置を製造したメーカーと機種を示す番号、生産国、固体に割り振られたシリアル番号、IMEIが正しい内容であることを検証するためのチェックデジットが含まれています。
よって変形した場合の修理は、ペンチのような特殊工具を使って歪みを減らす、成型作業をします。その際当て布をしますが、工具の先がとがっているので、傷がつく場合もあります。その点は事前にご了承ください。
しかし歪みだけの修理、というのは承っておりません。というのも、フロントガラスの修理の際、フレームが歪んでいるとパネルが入らなかったり隙間ができたりしますので、そういった修理と一緒にフレームの歪みは無償で対応させていただいているのです。

防水加工

当店では、iPhoneの防水加工等は行っておりません。お客様が、キャリアに下取りに出したときに確実に下取りをしてもらうためです。防水加工やカスタムを施してしまうと下取りができなくなってしまうため、お客様にデメリットがあると考えております。