最新機種の修理について

iPhone7の修理について

新機種は修理部品が高いため、修理料金も割高になります。しかし、徐々に部品の仕入れ価格が下がってくると、お客様に提供できる価格も下がっていきます。

iPhone7のフロントパネルは、iPhone6と同じサイズです。ただし、iPhone7用とiPhone6用では画素数が違うため、機種別に仕入れる必要があります。iPhone7はiPhone6よりも鮮やかに、よりカラフルな仕様になっています。

ホームボタンもiPhone6とは押し具合や感覚が少し違い、部品も変わります。

またiPhone7には、イヤホンジャックがありません。これはAirPodsというワイヤレスタイプに対応したためです。もちろん、これまで愛用していたイヤホンも引き続き使用できるように、3.5mmイヤホンジャックアダプタもついています。そのほか、充電の差し込み口に差し込めるタイプのイヤホンも登場しています。
イヤースピーカーはステレオスピーカーがついているため、万が一故障しても修理可能です。ただ、部品の形状が変わったため、スピーカーに関しては、修理の仕方が今までとは少し変わります。