保護フィルムと強化ガラス

保護フィルムと強化ガラスの違いとは?

保護フィルムは、ペットボトルにも含まれるPETと呼ばれるビニールのような素材でできています。薄手で柔らかいのですが、落下などの衝撃に弱いのが難点です。ちょっとした傷や指紋がつくのが嫌という方は、保護フィルムを選ばれることが多いようです。
強化ガラスは、名前の通り、ガラスでできている製品です。ガラス素材というと取り扱いに注意が必要なイメージですが、スマートフォンに貼る強化ガラスは硬度や柔軟性が強化されているものがほとんどで、衝撃に強く割れにくい特徴があります。100%割れないという保証はありませんが、ちょっとぶつけた程度では割れない頑丈さがあります。

保護フィルムと強化ガラスの重ね貼りは可能?

画面を割りたくない上に、電車などで横から見られるのを防ぎたい。そう考えた場合、「横見え防止効果のある保護フィルム」と「強化ガラス」を組み合わせて使用するのも、ひとつの方法です。ただし、商品によっては透明度が落ちてしまい、画面が見づらくなってしまう場合もあります。
当店で取り扱っている強化ガラスは厚さ0.33mmと、強化ガラスの中でもとくに薄い商品です。また、透明度も95%と高く、画面が見づらくなる心配もありません。お客様には、「強化ガラス1枚だけで衝撃から液晶画面を守れ、安心です」とお伝えしています。

強化ガラスの特徴

よく見かける液晶保護フィルムは、かなり前から定着しておりご存知の方も多いでしょう。一方「強化ガラス」は、数年前に登場した比較的新しいスマホツールです。

強化ガラスは、その名の通り、ガラス素材でできています。窓ガラスに使われている、あのガラスです。ガラスの表面はツルツルしているため、表面にフッ素コーディングなどを施し、指の滑りを良くしたものです。
強化ガラスは、フィルムほど薄くありません。イメージとしては「iPhone本体の液晶画面にガラスを増設して、2重ガラスにしている」と言えばわかりやすいでしょうか。
強度も窓ガラス級、とても硬くて丈夫です。ひっかき傷にも強いのが特徴です。

強化ガラスを貼り付けても操作に支障はない?

強化ガラスを貼ると操作に支障が出るのでは、と心配する方もいらっしゃいますが、問題なく使用できます。タッチパネルの反応については、保護フィルムも強化ガラスも大きな差はありません。
スマートフォン対応手袋もそのままご利用いただけますし、タッチペンの使用も可能です。
また、強化ガラスを貼り付ける前と後とで、画面の見やすさも変わりません。

「耐オイルコーティング」で画面が綺麗

スマートフォンは、人間の手や顔から分泌される皮脂で、目には見えなくても意外と汚れているものです。耐オイルコーティングを行うことで、「指紋、皮脂、化粧汚れ」に強くなる効果があります。さっと拭くだけで簡単に画面が綺麗になりますので、タッチ操作がうまくいかずイライラするということもありません。

規格違いの強化ガラスでは割れやすさが変わる?

iPhone5シリーズは、強化ガラスがフレームの所までぴったりとはまる形になっています。一方iPhone6シリーズは、フレームの上とフロントのガラスが少し丸みを帯びているので、強化ガラスのサイズが画面より少し小さめになってしまいます。しかし、衝撃への耐久性に変わりはありませんので、ご安心ください。

最新のiPhone7にも対応

iPhone7はiPhone6と同じ規格・画面サイズですので、対応可能です。
iPhone7をご購入されたお客様もすでに何名か来店され、強化ガラスの貼り付けサービスをご利用いただきました。他店では貼り付けができなかった為、当店に足をお運び頂いたとのことです。大変満足された様子で、当店としても嬉しい限りです。

店頭購入の方のみ!無料貼り付けサービス実施中

ご自身で保護シートを貼り付けようとして失敗してしまった経験はございませんか?一度貼ったものを剥がすと、接着面には細かなほこりや皮脂汚れなどが付いてしまいます。同じものをもう一度貼ろうとすれば、保護シートと液晶画面の間にほこりや気泡が入りやすくなります。また上手く貼れず、綺麗な仕上がりになりません。失敗したら一度剥がして、新しいものを貼ることをおすすめします。
しかし商品の相場は2000〜3000円程度で、自分で貼って失敗してしまうとお金が勿体ないのも悩みどころですよね。

他店では、強化ガラスの購入はできても貼り付けはお客様自身で……というケースが多いようですが、当店では強化ガラスの販売から貼り付けサービスまで行っておりますので、画面への「貼り付けが苦手」という方もご安心ください。iPhone修理のRish(リッシュ)各店では、店頭購入のお客様限定で無料貼り付けサービスを実施中です。貼り付けに頂くお時間も、5分程度と短時間です。

ただし、大変申し訳ございませんが、他店でご購入の強化ガラスに関しては、貼り付けサービスを行っておりません。現在、保護フィルムや強化ガラスといった商品は多くのメーカーが販売しており、貼りやすさ、空気の入りやすさなどにかなりの差があります。そういった製品を当社スタッフが貼り付けて、万が一失敗してしまった際に、責任をお取りすることができません。そのため、貼り付けサービスは当店で買われたもののみを対象とさせて頂いておりますので、あらかじめご了承ください。

しかし、強化ガラスの購入・貼り付けのみのお客様も大歓迎です。この場合は、ご本人確認も不要です。スマートフォンをお持ち込みいただき、強化ガラスをご購入いただければ、サービスで貼り付けもいたします。

安心の貼り付け保証

当店では、強化ガラス貼り付けの際に充分注意を払って作業をさせていただいておりますが、ごくまれに、ほこりが入り込んでしまう、貼り付けに失敗してしまう、といった事態もあり得ます。
そういった場合には、再貼り付け用のシートと作業をきちんと保証いたします。当店で提示している金額はあくまでも「貼り付けを含めた金額」ですので、ご安心ください。当店在庫の新しいシートを使用して、きれいに貼り直しいたします。

貼り付けの際のポイント

強化ガラスを貼り付ける際には、まず初めに画面をしっかり掃除することが重要です。当店の場合、アルコール性のウェットシートで綺麗に拭きます。
画面に皮脂が付いていたり、ほこりや汚れが残っていますと、綺麗に貼ることができません。貼る前に、必ずしっかり画面の掃除をすることが大切です。
また、画面の掃除をしっかりしても、一般的なお部屋の環境で貼ろうとすると、ほこりが画面に落ちてきてしまう場合があります。ほこりの付着を防ぐため、当店では、ほこりが舞いにくい環境で作業をしております。

また、iPhone上部にある「イヤースピーカー」というメッシュ部分も重要です。そこが隠れてしまうと、通話時などに相手の声が聞こえなくなってしまいます。強化ガラスを貼るときは、イヤースピーカーのメッシュ部分、そして画面下にあるホームボタンの丸い部分、この二つの位置をしっかり決めて貼ることが重要になります。

このような方にご利用いただいております

一度スマホを落として画面を割ってしまったことがあるお客様は、修理の際に「もう割りたくないので貼っておいてください」とおっしゃるケースが多いです。そういった方は、6〜7割くらいの割合で強化ガラスを貼っていかれます。

その際、お客様にご説明していることがあります。それは、お客様のiPhoneの歪みに関することです。ご使用の状況により、すでにiPhoneが歪んでしまっている場合があるのです。
たとえば、男性でズボンのポケットにiPhoneを入れている方。座った時にグニュッとフレームが歪んで、画面も割れてしまったというケースがあります。当店で成型作業も行いますが、フレームそのものが歪んでいる場合は、やはりどうしてもすっかり元には戻りません。
こうしたケースですと、強化ガラスもきれいにフィットしにくくなります。そういった場合、お客様には事前にきちんと、「フレームが歪んでいるため、少し空泡が入ってしまうかもしれませんが、いかがいたしますか?」とご案内しています。

画面が割れる一番多い理由は、スマホを画面側から落としてしまうことです。また、ズボンのポケットに入れたまま座るなどした場合も、フロントガラスが割れてしまったり、フレームが歪んでしまったり、ということが起こります。
またフレームが歪んでしまうと強度が落ちますので、通常のiPhoneより壊れやすい状態になります。

当店では、貼り付けの際、フレームに歪みがないかを確認させていただいております。歪みで強度が落ちていても、強化ガラスを貼ることで、ある程度カバーすることが可能です。

強化ガラスはスマホをきれいに長持ちさせるポイント

タッチパネルの操作の際、人間の手から強化ガラスに皮脂などが付いてしまいます。眼鏡クリーナーやハンカチなどで強化ガラスの上から拭くと、きれいな状態が保てます。

ガラスは、材質的には劣化などはしません。大切にご使用いただければ、お客様が望むだけの期間、維持することが可能です。
たとえば携帯電話の契約は二年ごとに更新されることが多いですが、その期間使っていただく分には全く問題ないでしょう。

また、強化ガラスは剝がすこともできます。角の部分に爪をひっかけると簡単に剥がすことができますので、新しいものを購入した際には、古いものを剥がしてネットなどで販売することも可能です。表面が綺麗な状態ですので、意外と高く買い取ってもらえるケースもあります。

当店は、小田急線「町田」駅の東口より徒歩2分の場所にございます。お仕事帰りに、おでかけついでに、是非当店へお立ち寄りください。

まだ強化ガラスを貼り付けていらっしゃらない方へ

当店はいわゆる“修理屋さん”なので、修理を目的とした方が多く来店されます。「修理のついでに、液晶画面を強化したい」と考え、強化ガラスを購入されるお客様が多いです。やはり画面の破損で困る気持ちを経験すると、「次はもう割りたくない」という思いが芽生えるのでしょう。

液晶画面が破損すると、画面が見づらく、操作がしづらくなるだけではなく、怪我をする恐れもあります。
iPhone本体は数万円もする高価なものですし、壊れてしまうと修理代も高額になってしまいます。事前に強化ガラスを貼ることで、最悪の事態を防止しましょう。
当店での貼り付けサービスは無料です。「手先が不器用で細かい作業が苦手」という方も是非、ご利用ください。

ちなみにiPhone修理のRish(リッシュ)では、強化ガラス「TEMPERED GLASS」をおすすめしています。
スペックは、硬度9H、透過率95%以上、ラウンドエッジ加工、指紋防止加工、耐オイルコーティング……など。強化ガラスの中でも最高級の品質です。
 
当店で取り扱っている強化ガラスは、ラウンドエッジ加工といって、まわりが少し丸くなっています。これは画面下にあるホームボタンとの段差が少なく、指がひっかかりにくいのが特徴です。全体的に、端になる部分にはラウンドエッジ加工を施しています。