硬度9H強化ガラス!フィルム貼り無料。

みなさんこんにちは。

今日は、アイフォン修理 Rish 町田本店より強化ガラスフィルムのご案内です。

 

強化ガラスや保護フィルム、保護シートなどiPhoneのガラス保護を目的とする商品は、多数販売されています。

私たち、iPhone修理 Rish町田本店でも一番多い修理内容は、ガラス修理や液晶修理などの画面修理です。

日々、お客さまのiPhoneを修理する私たちが選んだ最も画面保護

に効果があると考えるのが硬度9H強化ガラスフィルムです。

 

市販の強化ガラスフィルムのなかで硬度9Hは最も硬く、ガラス割れ防止、衝撃吸収、飛散防止に効果があります。

当店では、ガラス修理または液晶修理などの画面修理とセットでご購入いただいたお客さまに無料で貼り付けサービスをおこなっています。

poster_img141212

修理とセットで、強化ガラスフィルム無料貼り付け!!

iPhoneの画面もう割りたくないですよね。

Rish 町田本店では、最強硬度9Hの強化ガラス保護フィルムTEMPERED GLASSを取り扱っています。

硬度9H、透過率95%、厚さ0.33mm、ラウンドエッジ加工の最高級スペックです。

 

強化ガラスを貼るメリット!!

そもそも強化ガラスを貼るってどういうこと?

iPhoneの液晶パネルにはもともと強化ガラスが使われています。その上に、衝撃を吸収し、傷が付きにくく、透明度が高い、高品質強化ガラスを二重で貼るイメージです。

つまり、画面むき出しのiPhoneフロントパネルと比較すると2倍以上の安心感と言うわけです。

 

最強の硬度9Hとは?

高級スペックの強化ガラスには、硬度8Hや9Hなどの表記を見ますが、これって何なんでしょう?

これは鉛筆の2BやH、HBなどと同じ「H」規格で、ガラス以外にも強度が必要とされる業界で使用されているJIS規格です。

※ JIS(日本工業規格)とは、日本の工業標準化の促進を目的とする工業標準化に基づき制定される国家規格です。

JIS規格の鉛筆を使ってひっかいてどの鉛筆まで傷が付かないかを試験し、その結果9Hの鉛筆でも大丈夫なガラスを用いて作成された強化ガラスこそが「硬度9H」を名乗ることができます。現在発売されている最高値の硬度は「9H」です。

 

強化ガラスの厚さ!!

「最強硬度9H」でも、ガラスが厚すぎたらiPhoneケースやバンパーが入らなくなっちゃいますね。

強化ガラスを選ぶ際には、強度が高く、薄いほど高級スペックと言うわけです。

ちなみに、Rishの強化ガラスは「最高強度9H」、「厚さ0.33mm」のごく薄で、しかも透過度95%です。

 

ラウンドエッジ加工とは?

ラウンドエッジ加工とは、強化ガラスフィルムの端に丸みを持つように加工する技術です。

硬い強化ガラスの手触りをより手に馴染むようにしてくれる加工で主なメリットは以下の5つです。

・手にした時にエッジの角が気にならず、握った時の触感をより滑らかにします。

・落とした時の衝撃性を吸収し、和らげる効果が期待できます。

・iPhone保護ケースやバンパーなどとの干渉を少なくし、スムーズな着脱を可能にします。

・見た目にも、iPhone本体との一体感が生まれます。

・万が一、割れてしまってもガラス片の飛散防止に効果的です。

 

その他にもメリット!!

Rishが取り扱う「TEMPERED GLASS」は、指紋防止加工・耐オイルコーティングで表面はいつもきれいです。また、汚れが付いてしまっても拭き取るだけできれいに戻ります。気泡が入りにくいので、ご自身でもきれいに貼り付けできます。

 

〒194-0013

東京都町田市原町田6-18-13サニーサイドビル5階C号室

tel 0120-970-690 受付10:00~19:00

日曜定休

http://iphone-rish.com

iPhone修理Rish 町田本店では、町田、相模大野、小田急相模原、相武台前、座間、海老名、厚木、本厚木、愛甲石田、伊勢原などからも多数ご来店いただいております。iPhone故障のことなら何でもお気軽にお問い合わせください。

カテゴリー お知らせ タグ , , , , , , , , , , , , , .